交通事故後遺障害救済に強い弁護士

損保会社は保険会社基準の金額で賠償金・示談金を提示してきますが、これに対して弁護士は、裁判所の交通事故の民事裁判で用いられる損害額算定基準の「裁判所基準」で損害額を算定して、損保会社と交渉します。ですから、多くの場合で保険会社が提示してきた金額を増額させることができ、交通事故被害者にとって納得できる慰謝料・示談金を勝ち取ることができるわけです。

交通事故では、むち打ち症や腰椎捻挫をはじめさまざまな後遺障害が現れることがあり、その後遺症のためにそれまで行っていた仕事が今までどおりにはできなくなったり、重度の後遺障害の場合だと仕事自体ができなくなることがあります。

こうした交通事故による後遺障害がなければ得られていたであろう収入等の利益のことを「逸失利益」と呼びますが、消極損害として加害者や損保に対して賠償を請求することができます。

ここでは、交通事故の後遺症の慰謝料や逸失利益、賠償金など被害者救済に強い弁護士事務所の情報をお届けします。いずれも相談料や着手金などは無料になっていますから、損保の提示金額が低いと感じたり、満足できない場合などは書類にサインする前に交通事故専門の弁護士へ相談しましょう。



【やよい共同法律事務所】
やよい共同法律事務所で交通事故の被害者救済

弁護士:山﨑賢一
所 属:東京弁護士会
事務所:やよい共同法律事務所
東京都港区虎ノ門2-5-21寿ビル7階

やよい共同法律事務所の山﨑賢一(通称・やまケン)弁護士は、交通事故の被害者救済を専門として豊富な知識と経験、そして粘り強い交渉力を持ったタフな弁護士として知られています。

顔はちょっと強面ですが、交通事故被害者にはやさしく、損保には押しの強さで慰謝料や示談金の増額を勝ち取っています。

<交通事故専門弁護士「やまケン」こと山﨑賢一氏のメッセージ>
01
交通事故被害者の実情に応じ、カスタムメイドで適切な賠償額の算定、およびその獲得を目指します。目指すのは、適切な賠償額です。

交渉の結果、保険会社からの提示額が2倍以上になることもあります。
また、私は、増額がない場合には実費も含め、一切の料金をいただかない、完全成果報酬制を採用しています。それが、私の仕事に対するモチベーションとなっているのです。

さらに、後遺症が認定されている事例でなければ受任しない事務所も見受けられますが、私の場合、後遺症が認定されていない事例も受任可能です。後遺障害認定のサポートも含め、どんなに小さい事故であっても増額の可能性がある限り、お引き受け致します。

気軽にご相談頂けるよう、出来る限り敷居の低い事務所経営を目指しています。
法律相談料は無料です。まずはお気軽にご相談下さい。あなたの疑問、不安を解消致します。

<増額事例>
後遺症11級7号
第1腰椎圧迫骨折、臀部打撲、入院25日、通院期間210日間
被害者は自転車で走行中、横断歩道付近で自動車にはねられました。保険会社からの提示額がかなり低いため、裁判によって解決しました。

★保険会社からの提示額
入通院慰謝料  661,200円
後遺症慰謝料 5,000,000円
逸失利益   後遺症慰謝料に含む
合 計      5,661,200円

↓↓↓

弁護士交渉による慰謝料・示談金の増額結果
入通院慰謝料 1,500,000円
後遺症慰謝料 4,200,000円
逸失利益    9,095,644円
合 計      14,795,644円
★増加額    9,134,444円

<やよい共同法律事務所6つの特長>
①費用は完全出来高成果報酬型
もしも示談金の増額がない場合には、実費も含めていっさいの料金が不要な完全出来高・成果報酬型制を採用。費用は増額した分に対しての一定割合のため、弁護士費用倒れの心配はまったくありません。
②弁護士費用特約使用可能
自動車保険や損害保険などで弁護士特約が付いていれば、弁護士費用は原則として無料になり、増額分100%を受け取ることが可能になります。
③相談料無料・24時間メール受付
交通事故の被害相談は無料!さらに24時間のメールを受け付けています。
④着手金無料
着手金や事前料金も無料。保険会社の書類にサインする前に相談してみませんか!
⑤全国どの地域にも対応
日本全国どの地域でも対応してくれますから、まずは無料相談してください。
⑥後遺障害認定サポート
適切な後遺障害等級認定を受けるためのアドバイスや申請手続き代行などを行ってくれます。

交通事故後遺症賠償に強い山﨑賢一弁護士はこちら



【優和綜合法律事務所】
優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済

弁護士:濱 悠吾
所 属:東京弁護士会
事務所:優和綜合法律事務所
東京都墨田区錦糸4-5-8 板橋第1ビル301

優和綜合法律事務所(濱 悠吾弁護士)は、「保険会社の提示額に納得がいかない」「示談金が増額可能か調べてほしい」「後遺障害認定のサポートをしてほしい」などの交通事故被害に関する相談・解決に応えてくれる弁護士事務所。徹底した交渉力で、裁判所基準に近い金額での解決を図っています。

<交通事故に強い弁護士 濱 悠吾氏のメッセージ>
02
一般的に損保会社は、自賠責基準に近い保険会社基準で賠償額を算出します。しかし、この金額はあまりに低すぎるため、交通事故被害者を救済するとは言えません。

優和綜合法律事務所は、交通事故被害者が損をすることがないよう裁判所基準で交渉に臨み、正当な賠償額への増額を勝ち取ります。示談金、賠償金は交通事故被害者の生活を助ける大切なお金になります。
損保からの提示額が低いと感じたり、妥当な金額かどうか分からない…と思ったら、お気軽に無料相談をしてください。

<増額事例>
賠償金が1.4倍以上に増額 後遺症11級9号
交通事故でむち打ち(頚椎捻挫)の怪我を負ったSさん。8ヵ月の治療を続け症状固定しましたが、首に痛みが残ってしまったため、後遺障害の等級認定申請を行ったところ14級9号が認定されました。

その後、保険会社から示談金額の提示がありましたが、金額に納得がいかなかったため、当事務所へ賠償額が妥当かどうかと相談されました。

すぐに保険会社と交渉し、後遺症慰謝料、入通院慰謝料、休業損害について裁判所基準を認めさせることができたため、当初より1.4倍以上の賠償金の支払いを認めさせることに成功しました。

<優和綜合法律事務所5つの特長>
①相談料無料・着手金0円
交通事故被害の相談料、着手金ともに無料となっています。
②費用の後払い可能
弁護士費用の支払いは、示談金を受け取った後でも可能です。
③全国対応
全国どこでも対応可能!弁護士だからこそできる示談金増額など、交通事故被害者が適正な賠償金を受け取るサポートを行います。
④弁護士費用特約の利用可
弁護士に依頼すると「費用がかかる」「費用が用意できない」と言われますが、自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば利用することが可能で、費用負担なしで依頼できます。
⑤後遺障害認定サポート
適切な後遺障害等級認定を受けるためのアドバイスや申請手続き代行などを行ってくれます。

交通事故後遺障害をサポートする優和綜合法律事務所はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>