驚くほど低い損保会社の示談金提示

交通事故の示談交渉は、本来であれば被害者がかかった治療費や事故で失った経済的利益、後遺障害の等級などをもとに損害額を算出し、それを持って損保と示談交渉に臨むべきです。

しかし、現実は加害者側の損保会社が示談金を被害者に提示してから進んで行く姿になっています。
実は、この示談金の提示額は、被害者の損害額をきちんと計算したものではなく、保険会社基準から算出されたもので、被害者としては驚くほど低い額に抑えられています。

被害者は、以後は保険会社との交渉を重ねて金額を上乗せして行くわけですが、最初の提示額があまりにも低いため、増額されたとしても結果として安い示談金額に署名・捺印せざるをえないのが現実です。

聞いた話では、損保会社の顧問弁護士は「被害者は、これでいいのかなと思うほどの低い金額で示談をしている…」と話したことがあるとか…。
だからこそ、被害者としては損保会社からの提示を待つのではなく、損害賠償額をきちんと算出し、保険会社よりも先に請求したい示談金の金額を提示すべきです。

なお、その被害者の提示金額ですが、損保会社が減額を要求してくるのは目に見えていますから、損害賠償額の正当な社会相場であるとされる弁護士基準・裁判所基準で算出し、まずは目いっぱいの金額で請求するようにしましょう。

弁護士基準の賠償額を勝ち取る近道はこちら