後遺障害等級認定のメリット

交通事故の被害に遭い、後遺障害別等級表にある後遺障害の認定を受ける最大のメリットは、損害賠償額が飛躍的に上がることです。

具体的には、後遺障害の等級に応じて支払われる『後遺障害慰謝料』と、後遺障害が原因の収入減などの失われた利益『逸失利益』の損害賠償を受け取ることができるようになります。

なお、この『後遺障害慰謝料』と『逸失利益』は、交通事故による傷害治療の入通院期間に応じて支払われる「傷害慰謝料」とは別に受け取ることができますから、ぜひ覚えておきたいものです。

実際、この後遺障害等級の認定を受けていないと損保会社基準の驚くほど安い賠償金しか取れません。

逆に、後遺障害等級に認定されると損害賠償額がハネ上がります。納得できる交通事故の賠償金を勝ち取るためにも、後遺障害等級の認定を受けるようにしておきましょう。

【適切な後遺障害等級認定を受けるために】
これ以上治療を続けても症状に大きな改善が見込めなくなった段階を「症状固定」と呼びますが、症状固定と診断された時期を節目に、加害者側の損保会社は示談について打診し始めます。

症状固定となり、損保会社との示談交渉で納得できる金額を得るためにも、まずは自分の症状に合った適切な後遺障害等級の認定を受けることが必要です。

交通事故の場合、後遺障害の認定等級は労災保険で定められている障害等級の認定基準が準用されていますが、現実には労災保険よりも厳しい基準が適用されています。

交通事故の後遺障害等級認定は事故被害者が自分で申請することが可能です。しかし、適切な等級認定を受けるためには、弁護士など交通事故の後遺障害等級認定に詳しい専門家に相談し、サポートを受けながら進める方が煩雑な手間も省け、スムーズに手続きを進めることができます。

また、場合によっては認定等級に対して異議申し立てを検討することも起こりかねません。
後遺障害等級認定に際して、申請の段階から弁護士さんなどの専門家に相談しておけば、異議申し立ての場合でも手助けを受けられるメリットもあります。

そういう面でも、後遺障害等級認定申請に関しては専門家へ頼るのが安心だと言えるでしょう。

交通事故後遺障害等級認定の申請から異議申し立てまでを任せられる弁護士