交通事故後遺障害認定申請にはプロへ相談を

交通事故の後遺障害の認定を受ける最大のメリットは、加害者側の損保会社が支払う損害賠償額が飛躍的に上がることです。

逆に言えば、後遺障害の等級認定がなければ納得できる賠償を受けられないことになってしまうリスクが生じるわけです。

後遺障害等級認定の結果に不服があれば異議申立てを行うことはできますが、一度おりた認定結果が異議申立てによってくつがえることは少ないのが現実です。

それほど、交通事故後遺障害認定は大切なものですから、とにかく初回の申請で納得できる後遺障害認定等級を受けることにベストを尽くすようにしてください。

では、どうすれば納得できる後遺障害等級認定を受けることができるでしょうか?

いちばん確実性が高いのが、交通事故の被害者救済に詳しく、後遺障害等級認定の申請経験の豊富な弁護士へ相談・依頼することです。

ここでくれぐれも注意したいことは、交通事故案件の中でも後遺障害等級認定の分野は医学的な知識も必要になる分野ですから、「弁護士ならどこの事務所でもいっしょでしょ」と思い込まず、キャリアやノウハウを備えた頼れる法律事務所を選ぶことです。

また、そういう弁護士事務所であれば加害者側の任意の保険会社(多くの場合、損保会社)との交渉戦略や交渉術を持っていると思われます。

交通事故被害に遭ったら、交通事故後遺障害等級認定に詳しい弁護士へ相談・依頼してください。