「病状固定にして後遺症認定の申請をする方がいいですよ」

9_s

保険会社は民間企業ですから、交通事故の慰謝料や治療費などに関して、「とにかく早く終わらせたい」「保険金はできるだけ支払いたくない!」というのが、保険会社の本音です。そのため、保険会社はあらゆる手段で自社に有利な示談に持ち込もうとします。
そこでよく使われるのが、「病状固定にして後遺症認定の申請をする方がいいですよ」というセリフです。

保険会社は、まだ治療中なのに「症状固定を」と何度も言うケースはめずらしくありません。しかし、注意すべきはまだ治療中で痛みがあるからといって、すぐに後遺症が認定されることはないということです。

保険会社は「痛い=後遺症認定される」と誤解させるような話をしますが、後遺症認定に過度に期待してはいけません。保険会社の本当の意図は、症状固定をさせてそれ以上治療費を支払わなくてすむようにしたいことなのです。

もしも保険会社口車に乗って、痛くて治療中なのに後遺症認定に期待して治療を打ち切ったけど、結果として後遺症は認定されなかった、というの悲惨なことが少なくないのです。

保険会社があれこれと言ってきたならば、自分だけの判断で対応するのではなく、保険会社に対して交渉力とノウハウを持ち、経験豊富で依頼者の身になって動いてくれる法律事務所へ相談してみましょう。

交通事故慰謝料の増額交渉ができる弁護士はこちら