交通事故の保険

交通事故に自動車が関係する自動車保険ですが、「自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)」と「任意保険」の2種類があります。 自賠責保険は、各自動車ごとに加入が義務づけられている保険で、強制加入となっていますから、ほとんどの事故において自賠責保険の適用がされますが、物損には適用ありません。

自賠責保険は、人身事故による損害を最低限保障するための保険制度になっています。 これに対して、任意保険は自賠責保険でカバーできない損害を補償するための役割を持った保険と言えます。人身事故はもちろん、物損事故にも適用される他、人損事故への適用や特約などニーズにあわせて補償をつけることができます。任意の保険ですから契約するか否かは自由ですが、万が一の交通事故に備えて多くの人が加入しています。

任意保険の支払には、保険会社が定めた保険会社基準・任意保険基準と呼ばれるものがあり、損保会社ではこの基準に基づいて賠償額を決定します。しかし、交通事故被害者にとって保険会社基準の賠償額は満足できないケースが多く、増額のために弁護士へ依頼することで弁護士基準の補償額の上積みができる可能性があります。 保険会社から提示された金額に納得できなければ、交通事故被害に詳しい弁護士へ相談するのがベストです。